2019年03月16日

問題0007 日本史B 原始時代 温故知新の歴史問題集(日本史・世界史)


【今日の問題】

縄文時代に作られた竪穴住居の特徴を述べよ。


10秒以内に答えを頭の中で思い浮かべよう。

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

10秒、経過。


【解答】

竪穴住居は、竪穴を掘り、円形あるいは隅丸の方形を為す形をしている。
縄文時代は、採集経済の段階であったため、住居は移動性に富んでおり、簡素なものだった。
遺跡としては、千葉県市川市の姥山貝塚が知られる。

今でいえば、大きなテントを張ってその中で生活していたようなものである。
獲物が豊富にいる場所に来たら、仮住まいを設けて、獲物を狩る。いなくなったら、新しい場所へ移動するというような生活だった。
やがて、稲作などを行うようになり、徐々に一つの場所に定住するようになったと考えられている。



教養試験対策は、ユーキャンがおすすめの訳



ユーキャンの大卒公務員通信講座 教養試験対策コース

□ 教養試験(基礎能力試験)対策は、大学受験のように本格的にやるものではない (大学に入学できているレベルなら当然知っていることが問われる) けど、独学では心もとないもの。

□ 教養試験(基礎能力試験)は、他の受験生と差をつけることではなく、取りこぼさないことがポイント。頻出ポイントがよくまとめられているテキストなので、これだけやれば完璧です。

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 08:44| メルマガ掲載問題

2019年03月13日

歴史群像 2019年2月号



内容紹介
■第一特集
「雷電」や「月光」で昼夜戦い抜いた高空の守護神
海軍 三〇二空 決戦録
追浜に生まれ厚木に陣取った海軍初の局地防空部隊、三〇二空。横須賀軍港防衛だけでなく、その高い昼間・夜間の戦闘力を存分に発揮して広く本土防空戦に活躍した栄光の戦闘機隊。その軌跡とユニークな装備から素顔に迫る!

■第二特集
近世大名として生き残るまでの苦難の道
島津氏と関ヶ原合戦
足かけ7年に及んだ朝鮮での戦いで大いに疲弊した島津氏は、しかし、さらなる苦難に直面する。有力家臣による「庄内の乱」、そして関ヶ原合戦。いっぽうで義久の家督継承問題も揺れ動いていた。戦国大名島津氏はいかにしてこれらの苦難を乗り越え、近世大名へと脱皮したか。

■カラー企画
徹底取材&CG再現!
対馬要塞などと連携して対馬海峡東水道と壱岐水道を防衛した陸軍要塞
壱岐要塞の全貌
要塞巡洋戦艦『赤城』の四十糎砲塔を転用した黒崎砲台を中核に、朝鮮海峡系要塞の一翼を担った壱岐要塞の砲台群を詳解する。

〇CG彩色でよみがえる!
屈辱を撥ねのけ立ち上がった最強のW破壊者Wたち!
太平洋戦争のアメリカ海軍艦隊駆逐艦


■検証/ドキュメント
終戦間際、米空母機との決死の対空戦闘
駆逐艦『柳』 津軽海峡の死闘
終戦間際の昭和20年7〜8月。アメリカ空母任務部隊は東北および北海道を空襲した。その圧倒的な航空攻撃に晒された1隻の『松』型駆逐艦の生き残るための最後の戦い。

ムッソリーニと国王&バドリオ
二つのイタリアと第二次大戦
敗色濃厚となったイタリアは降伏し、連合軍側として戦いに参加することとなった。一方ドイツは、失脚したムッソリーニを祭り上げて傀儡国家を作る。政治的に分断された大戦後半のイタリア半島の様相を政治と軍事の視点から見る。

“田原坂”の直後に生起した知られざる大陣地戦
作戦分析 植木・荻迫(おぎさこ)・木留(きどめ)の戦い
大激戦として知られる田原坂の闘いに勝利した政府軍。しかし、そのすぐ後に、これまでほとんど語られることのなかった死闘が待ち構えていた。“もう一つの田原坂”の27日間の死闘とは?

パーツから読み解く 戦国期城郭論
もっとも基本的な城の 防禦装置

城のもっとも基本的なパーツのひとつ、「堀」。さまざまな形態のものがあるが、これらはどのようなセオリーに基づいて使い分けられていたのか。その本質に迫る!

『羽黒』『陸奥』通信士から特攻隊の分隊長となった海軍大尉
森田禎介
海兵第七十期生として海軍の門を叩き、艦隊勤務を経て特攻隊の分隊長として終戦を迎えた士官が見た日本海軍盛衰の情景。

[連載]西洋戦史研究 ナポレオン戦争Part33
半島戦争(1809年)A タラヴェラの会戦
スペイン軍と連携してマドリッド攻略をめざす、ウェルズリーのイギリス軍はタラヴェラの近郊で孤立しかけたヴィクトールのフランス第T軍団攻撃を策するが、フランス軍にはゼバスチアニとジョセフが来援し、凄惨な大会戦が始まった。


■好評!カラー連載!
【日の丸の轍】File.03 想定外の戦場で使われた騎兵戦車
九五式軽戦車

【蒼空の記憶】ソ連の鬼才が生み出した「世界最速の驢馬」
ポリカルポフ I -16

【戦国の城】東だけでなく西側にも構えられていた城下町
近江 佐和山城

【縦横無尽! 世界戦史】レーザー兵器の基礎概念
高出力レーザー兵器

【戦士の食卓】アメリカ海兵隊出撃前の食事
ビーフステーキ


■好評連載!
・日本100名城と武将たち 新発田城×新発田重家
・Comic 吉原昌宏[戦場伝説/翼をもつ魔女]
・信長の独断 フルスロットル
・負けじ魂、これぞ船乗り
・フォークロア幕末維新



歴史関係の雑誌は定期購読がおすすめ


ムー
最新科学・古代史・心霊・UFOから政治・経済・健康まで大胆な切り口と仮説で謎の真相に迫る!
月刊「ムー」と言えば、「世界の謎と不思議に挑戦する」をモットーに、1979年創刊以来、四半世紀にわたって日本の精神世界をリードし続けてきたスーパー・ミステリー・マガジンです。記事で取り上げる対象は、その名に恥じず実にバラエティー豊か。古代史ミステリー、最新科学ミステリー、心霊、UFO、魔術から政治、経済、健康、エコロジーまで、謎あるところには、どこにでもムーは飛び込んでいきます。そして、常に読者の皆様があっと驚くような大胆な切り口と仮説で謎の真相に迫りつづけることをお約束します。まっすぐ見ているだけでは見えなかった事実も、斜めや下やウラから見ると、意外な表情をあらわにしてくれます。最近、世の中がつまらないなあ、とお思いの方、決してそんなことはありません。世の中、実は謎だらけ。謎こそロマン、謎あるところに夢があるというのが、スタッフ一同の編集姿勢です。謎発見と謎解明のスリル、楽しさを「ムー」で存分に味わってください。


歴史街道
愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ!
「いま、歴史がおもしろい」 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供する歴史雑誌です。


季刊 考古学
”古代のナゾを科学する雑誌”考古学研究の最先端がよくわかる!
考古学より日本の歴史へのアプローチを目的とする学術専門誌。毎回「特集」が組み、テーマごとに、発掘された遺構・遺物の面から歴史を再構築、あるいは文献史学を補強し、文化の様相、歴史的意義を明らかにする。短文の論考が多く、初級者にもわかりやすいよう編集されている。


月刊江戸楽
江戸を知れば、東京はもっと楽しい―江戸を愛する大人のための新しい月刊誌です!
遊び心と美があふれる「江戸」の伝統と文化。あるべき清く正しい日本人の原点が江戸にあると言っても過言ではないでしょう。江戸にまつわる様々なエッセンスを紹介するだけでなく、「環境」「教育」「国際性」といった視点を“縦糸”に、そして衣食住といった身近な話題を“横糸”に、二つの糸が織りなす雑誌を目指します。誌面を通じて私たちが提案するのは、江戸から学び現代に生かすことのできる「21世紀の日本人のライフスタイル」です。


月刊文化財
唯一の文化財総合月刊雑誌
わが国の指定文化財を中心に、概念の変遷や学説の動向、国内外の豊富な事例紹介等文化財に関わるあらゆるテーマを、各分野の第一人者の解説、多くの写真とともに取り上げる唯一の文化財総合月刊雑誌。


考古学ジャーナル
考古学の最新情報をわかりやすく提供,バラエティに富んだ特集と連載
月刊「考古学ジャーナル」ニューサイエンス社 1966年10月創刊 月刊「考古学ジャーナル」は,わが国唯一の考古学月刊誌です。戦後急速な発展を遂げた考古学のすべてを網羅し,内容は論考,連載講座,随筆,トピックス,発掘報告,文献紹介,書評,博物館紹介など多岐にわたります。


史学雑誌
新たな歴史研究をめざして
史学会は1889年(明治22年)11月に創立された、日本を代表する歴史学の学術団体です。同年12月から『史学会雑誌』を編集刊行し、まもなくこれは『史学雑誌』と改称されましたが、歴史研究者や歴史学に関心を寄せる全ての人々に開かれた学会をめざし、例会や大会などを開催しています。1929年からは財団法人となり、公益性も重視しながら多様な活動に取り組んでいます。
日・東・西を問わず、優れた研究論文、研究ノートをはじめ、書評、新刊紹介、コラム「歴史の風」(隔月)等を掲載しています。そのうち第5号「回顧と展望」は、前年の日本における歴史学界の成果と課題を批判的に論評する特集号で、国内の歴史学研究の動向を一目で知ることができるものとしてご好評いただいております。また、毎号の巻末には最新の研究成果を紹介する「文献目録」も掲載されております。


日本歴史
最も親しみやすい歴史知識の普及誌
本誌は、内容豊富な日本史専門の月刊雑誌として、また最も親しみやすい歴史知識の普及誌として、中学・高等学校の社会科教員、日本史関係の学生・大学院生・研究者、及び一般の歴史愛好者まで、幅広くご購読、ご愛読をいただいております。古代から近現代にいたる各時代の研究論文の発表の場であるだけでなく、日本史に関する情報誌の役割も果たしています。特に巻末の広告頁は平均32頁、主要出版社だけでなく地方出版社、自治体などの歴史関係の書籍を多数ご案内しています。独自ルートで調査した「新刊書案内」と併せ、歴史書に関する貴重な出版情報源としてご活用いただいております。 本会はどなたでも紹介なしに即時入会できます。 最新の歴史情報を提供する『日本歴史』を是非定期購読くださいますようお願い申し上げます。


文化財発掘出土情報
全国の発掘調査動向、海外の考古学・埋蔵文化財関連ニュース、史跡整備情報等を新聞報道記事から収録。
発掘情報を全国紙5紙、全国紙地方本社版及び地方版17紙322版、地方紙73紙18版から発掘調査記事を収集し、速報します。ひとつの知見に1記事を原則に、より詳しい記事を収録。注目遺跡は複数記事を収録します。また、「各地の動向」頁で現地説明会資料などを各地から取材・収録する他、「発掘調査報告書刊行情報」で全国の刊行状況を、「博物館情報」で特別展・企画展情報を、「学界動向」で講演会・セミナー情報など発掘調査に関連する各種情報を速報します。


歴史群像
世界の歴史をもっとドラマチックに!
日本史から東洋史、西洋史など、世界の歴史を戦略や戦術、戦史を中心に掲載。わかりやすいイラストと図版やグラフによる説明で、あなたに歴史がもっと面白くなる。


歴史人
エンターテインメント歴史マガジン
初心者から上級者まで歴史に興味がある方にぴったりの歴史マガジン!史跡めぐりを目的とした旅行などアクティブな情報も満載です!



posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 19:51| 歴史専門誌

問題0006 日本史B 原始時代 温故知新の歴史問題集(日本史・世界史)


【今日の問題】

旧石器時代の文化の特徴を述べよ。


10秒以内に答えを頭の中で思い浮かべよう。

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

10秒、経過。


【解答】

旧石器時代の人類は次のような石器を使っていたとされている。
石を打ち欠いて、その核を利用した石核石器
石の塊から剥ぎとった剥片を利用した剥片石器
石を打ち欠いた小片を加工した細石器

そして、これらの石器を使い、狩猟を行ったとされている。
なお、土器はまだ利用していなかったことから、先土器文化とも呼ばれる。



教養試験対策は、ユーキャンがおすすめの訳



ユーキャンの大卒公務員通信講座 教養試験対策コース

□ 教養試験(基礎能力試験)対策は、大学受験のように本格的にやるものではない (大学に入学できているレベルなら当然知っていることが問われる) けど、独学では心もとないもの。

□ 教養試験(基礎能力試験)は、他の受験生と差をつけることではなく、取りこぼさないことがポイント。頻出ポイントがよくまとめられているテキストなので、これだけやれば完璧です。

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 19:48| メルマガ掲載問題