2019年07月18日

問題0065 日本史B 古代 温故知新の歴史問題集(日本史・世界史)


【今日の問題】

冠位十二階の制度とはどんなものか。


10秒以内に答えを頭の中で思い浮かべよう。

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

10秒、経過。


【解答】


冠位十二階の制度は、603年に制定された。
大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智という12階の冠位が設けられ、その印として、冠の色を分けて官人の地位を示すことにした制度。
その冠位は個人の才能や勲功によって授けられるもので、氏の尊卑によらない人材登用を目指したものである。
これによって官僚制が強化され、氏族による門閥の勢力を押さえようとした。




日本史Bは、ライトノベル小説で勉強しよう。


●ライトノベル小説で学ぶ日本史Bシリーズとは?

 日本史の教科書が無味乾燥で頭に入ってこない。という悩みを抱えている人も多いのでは?

 教科書は、歴史の事実を淡々と書き綴っているだけなので、なかなか頭に入らないし、読んでいるうちに眠くなってしまうのは当然です。

 例えば、三国志が大好きな方は、三国志演義を読むことは苦ではないと思います。物語ですから、すらすら頭に入ってくると思います。

 でも、正史三国志を読もうとしたら、どうでしょう?
 三国志が大好きという方でも、途中で挫折してしまう方も少なくないのではないでしょうか?

 歴史の教科書を読むことは、正史三国志を読むようなものなのです。

 日本史が大好きという方でも、正史形式で書かれた教科書を独学で読むのがきついのは当然なのです。
 ましてや、日本史に苦手意識を持っている方はなおさらです。

 本書は、正史形式で書かれている日本史の教科書を演義形式、つまり、物語として構成することによって、誰でもスラスラ読めるようにしようと試みたものです。

 日本史が苦手な方はもちろんのこと、日本史が好きな方でも、本書をお読みいただけば、もっと、日本史が好きになること請け合いです。




ライトノベル小説で学ぶ日本史B 原始・古代編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(白鳳・奈良時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(平安時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代初期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代中期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(南北朝時代・太平記の時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史


●本書のレベル

 本書は、高校で使う日本史Bの教科書を基盤に、歴史の専門書の記述を加味しています。
 これは、教科書の記述にリアルティを持たせるために、歴史事実を精査したためで、基本的には、大学入試センター試験レベルの内容となっています。
 一般的な教科書の数倍のボリュームになっていますが、物語として記述していることによるものです。
 小説としては、かなり短いので、臆せずに挑戦してみてください。



posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 22:00| メルマガ掲載問題

問題0064 日本史B 古代 温故知新の歴史問題集(日本史・世界史)


【今日の問題】

聖徳太子が摂政となったとき、朝廷はどのような情勢だったか。


10秒以内に答えを頭の中で思い浮かべよう。

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

10秒、経過。


【解答】

592年、蘇我馬子が崇峻天皇を殺害して、権力者としての地位を強大なものとしており、天皇の座も脅かされかねない状況だった。
そんな折、女帝の推古天皇が即位。蘇我馬子と並び立つ実力者として、593年、皇太子兼摂政に聖徳太子を据えた。




日本史Bは、ライトノベル小説で勉強しよう。


●ライトノベル小説で学ぶ日本史Bシリーズとは?

 日本史の教科書が無味乾燥で頭に入ってこない。という悩みを抱えている人も多いのでは?

 教科書は、歴史の事実を淡々と書き綴っているだけなので、なかなか頭に入らないし、読んでいるうちに眠くなってしまうのは当然です。

 例えば、三国志が大好きな方は、三国志演義を読むことは苦ではないと思います。物語ですから、すらすら頭に入ってくると思います。

 でも、正史三国志を読もうとしたら、どうでしょう?
 三国志が大好きという方でも、途中で挫折してしまう方も少なくないのではないでしょうか?

 歴史の教科書を読むことは、正史三国志を読むようなものなのです。

 日本史が大好きという方でも、正史形式で書かれた教科書を独学で読むのがきついのは当然なのです。
 ましてや、日本史に苦手意識を持っている方はなおさらです。

 本書は、正史形式で書かれている日本史の教科書を演義形式、つまり、物語として構成することによって、誰でもスラスラ読めるようにしようと試みたものです。

 日本史が苦手な方はもちろんのこと、日本史が好きな方でも、本書をお読みいただけば、もっと、日本史が好きになること請け合いです。




ライトノベル小説で学ぶ日本史B 原始・古代編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(白鳳・奈良時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(平安時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代初期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代中期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(南北朝時代・太平記の時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史


●本書のレベル

 本書は、高校で使う日本史Bの教科書を基盤に、歴史の専門書の記述を加味しています。
 これは、教科書の記述にリアルティを持たせるために、歴史事実を精査したためで、基本的には、大学入試センター試験レベルの内容となっています。
 一般的な教科書の数倍のボリュームになっていますが、物語として記述していることによるものです。
 小説としては、かなり短いので、臆せずに挑戦してみてください。



posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 21:59| メルマガ掲載問題

2019年07月09日

問題0063 日本史B 古代 温故知新の歴史問題集(日本史・世界史)


【今日の問題】

古墳時代の信仰について述べよ。


10秒以内に答えを頭の中で思い浮かべよう。

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

10秒、経過。


【解答】

氏族を単位とする結合が進み、氏族の守護神を祀るための社が建てられた。これを祖霊信仰という。
また、邪悪を取り除き、身体や心を清めるための祓、禊の儀式が行われた。
その他、鹿の骨を焼いて吉凶を占う太占、熱湯に手を入れて手のただれ方で真偽を判断する盟神探湯が行われた。




日本史Bは、ライトノベル小説で勉強しよう。


●ライトノベル小説で学ぶ日本史Bシリーズとは?

 日本史の教科書が無味乾燥で頭に入ってこない。という悩みを抱えている人も多いのでは?

 教科書は、歴史の事実を淡々と書き綴っているだけなので、なかなか頭に入らないし、読んでいるうちに眠くなってしまうのは当然です。

 例えば、三国志が大好きな方は、三国志演義を読むことは苦ではないと思います。物語ですから、すらすら頭に入ってくると思います。

 でも、正史三国志を読もうとしたら、どうでしょう?
 三国志が大好きという方でも、途中で挫折してしまう方も少なくないのではないでしょうか?

 歴史の教科書を読むことは、正史三国志を読むようなものなのです。

 日本史が大好きという方でも、正史形式で書かれた教科書を独学で読むのがきついのは当然なのです。
 ましてや、日本史に苦手意識を持っている方はなおさらです。

 本書は、正史形式で書かれている日本史の教科書を演義形式、つまり、物語として構成することによって、誰でもスラスラ読めるようにしようと試みたものです。

 日本史が苦手な方はもちろんのこと、日本史が好きな方でも、本書をお読みいただけば、もっと、日本史が好きになること請け合いです。




ライトノベル小説で学ぶ日本史B 原始・古代編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(白鳳・奈良時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 古代(平安時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代初期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(鎌倉時代中期)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史

ライトノベル小説で学ぶ日本史B 中世(南北朝時代・太平記の時代)編【大学入試・センター試験対応】 ライトノベル小説で学ぶ歴史


●本書のレベル

 本書は、高校で使う日本史Bの教科書を基盤に、歴史の専門書の記述を加味しています。
 これは、教科書の記述にリアルティを持たせるために、歴史事実を精査したためで、基本的には、大学入試センター試験レベルの内容となっています。
 一般的な教科書の数倍のボリュームになっていますが、物語として記述していることによるものです。
 小説としては、かなり短いので、臆せずに挑戦してみてください。



posted by ノベル時代社 歴史探検部 at 20:16| メルマガ掲載問題